飼い主のいない猫の不妊手術基金

「猫が好きな人」
「猫で困っている人」
「どちらでもない人」


どの立場の方にとっても、今の社会環境の中で人と猫とが折り合い良く暮らすためには、避妊去勢手術をすることが現時点でのベストな選択なのだと思います。そして、手術後もご飯やトイレのお世話をすることで「地域猫」として見守る方針は、環境省や地方自治体でも推奨されております。その活動を支援するために「飼い主のいない猫の不妊手術基金」をはじめます。

ご協力、そして、ご活用どうぞよろしくお願い致します。

では、この基金が支援する「不妊手術」をすることがなぜ必要なのか。少し長くなりますが説明させてください。(ご存知の場合はぜひ飛ばしてお読みください。)

私たちの身の回りにいる猫。
猫たちは野生動物ではありません。「イエネコ」という種で、この言い方は好きでは有りませんが「家畜」または「愛玩動物」と呼ばれ、人に寄り添って暮らす生き物です。

本来、室内で飼育されるはずの猫たちが「家の内と外を行き来するのが当たり前」と考えられる様になったのは、明治時代、政府がネズミの退治を目的として、放し飼いを推奨したためです。そして自由に繁殖した結果、街に飼い主のいない猫「野良猫」たちが暮らすことになりました。


ですので、猫の「完全室内飼い」は、本来の猫の飼い方でもありますし、また市街地での建物の距離感が近く、排泄物や鳴き声などトラブルが起きやすい事や、猫の健康の為にも重要なルールですぐに徹底したいところです。ですが、野良猫として生まれた猫たちすべてをいっせいに室内飼いにするのは難しいのです。すべての野良猫を受け入れる為には飼いたい人が足りませんし、何より猫たちは人との暮らしに慣れていません。ですので、そのステップ段階として現在「地域猫活動」が進められています。

「地域猫活動」とは、飼い主のいない猫に不妊手術し、その後は猫が暮らす元の場所に戻し、餌やりや排泄物の始末などをルールを守りながらお世話をし見守る事を言います。猫の繁殖は管理させて頂くのですが、猫の暮らしを守る、そして地域でのトラブルを減らし、いずれは飼い主のいない猫がいなくなるようにと、環境省を始めとした行政で進められている猫問題の対策です。そして、保健所に収容されやむなく殺処分される猫を減らすための対策でもあります。(収容され殺処分される約半数が、生まれて間もない子猫たちなのです)

このように、「猫好き」、「猫が嫌い」、そのどちらの人にとっても「地域猫活動」は現時点でベストであり、避妊去勢手術がとても大切であるということになります。

この考え自体にご賛同いただけない場合もございますが、賛成くださっていても費用を問題に感じ、行動に移せない方も沢山いらっしゃいます。また、飼い主のいない猫の不妊手術を善意で手伝っていらっしゃる「猫ボランティア」の方々には「餌やりさん」が費用を負担してくれない場合の手術費用を自己負担されているケースも多いとの事実も。そんな現状をお伝えし理解を広めつつ、できれば一緒に支援しませんか?そのような想いで、cat&dog&me「飼い主のいない猫の不妊手術基金」の準備はじめました。
来春2020年4月からの支援スタートを目標としております。

基金の概要

【資金について】
①cat&dog&me基金にお寄せ頂くご寄付
②cat&dog&meチャリティー企画の収益の1/2程度を基金
 ①+②合計額を上限とし、支援希望申請の方に下記の額を手術費用として支援。
*基金の専用口座にて管理致します。
*もしも支援システムがうまく機能できなかった場合、寄せられた全額を下記2箇所に寄付致します。
(ランコントレミグノンさん、仙台市動物管理センターに関わる猫ボランティア活動)

【地域猫活動の不妊去勢手術代の支援額予定】
 メス猫一頭に付き 10,000円
 (平均的手術代20,000円に対し、仙台市獣医師会助成金9,000円)
 オス猫一頭に付き 3,000円
 (平均的手術代10,000円に対し、仙台市獣医師会助成金4,500円)

この支援額は、猫の平均手術費用から、仙台市獣医師会の地域猫助成金を使用した場合に、その不足分を補える下限の金額を想定したものです。仙台市獣医師会の助成金にも頭数枠があり、使用出来ない際にもこのcat&dog&me基金の支援金で少しでも負担軽減ができたらと考えております。
また、この支援は、まずは仙台市内にて捕獲される飼い主のいない猫を対象とさせていただきます。他の地域の助成制度が様々であること、そして仙台市では2020年度より「人と猫との共生に関わる条例」が施行され、地域猫対策としてのTNRの理解が広まりつつあり、支援が求められているとの状況にあるからです。
ですので、まずは地域を仙台市に限定してのご支援からスタートさせて頂きたいと思っております。

【手術費用の支援金申請方法】
*HP内の専用ページより申し込み。
*仙台市の助成金申請書の写し、または猫の耳カット写真、 手術時の病院の領収書を添付

*詳細は現在準備中です。

人と猫が幸せになるお手伝いの一つとして、cat&dog&me飼い主のいない猫の不妊手術基金にご協力お願いいたします。

基金へのご寄付について

支援金申請について