cat!cat!cat! 猫についてのお話6

cat!cat!cat!2020の会場にはそれぞれ、「猫についてのお話」を展示しておりました。これらは、参加して下さいました店主さまや展示作家さま、みなさまのそれぞれのエピソード。そっと置かせていただいていましたので、読まずに会場を後にされた方も多いと思います。そして遠方のみなさまにもぜひ読んで頂けたらとも。想いの込もった文章。アーカイブとしてひとつずつご紹介させて頂きたいと思います。

「猫と共に暮らす生活」はある日突然やってきました。
産まれて間もない仔猫を庭で保護し、人間の助けがないと生きられないことを知って、母と二人三脚での「猫の子育て」が始まりました。

小夏と名付けたその子と暮らすうち、「この子は人間に可愛がってもらうために産まれてきた子なんだ」と強く感じるようになりました。そして、いつしか、助けたようでいて助けられているのは人間の方なのだと気付くことに。小夏の存在に、私も母も何度救われたことでしょう。

小夏といる時の母の笑顔、ちょっぴりハイテンション気味な様子とか。あんな楽しそうな母の顔を今まで見たことあっただろうか(全くおんなじ事を母も私に思っているハズ)。
とにかく、居てくれるだけで、ただそれだけで「幸せ」が溢れてくる存在。

小夏を通して猫さんの素晴らしさを日々これでもかという程感じています。

助かる命もあれば、そうでないことも沢山あるのが現実です。
可哀想な命をこれ以上増やさないために。
TNR活動を知り、ひとりひとりが出来ることを少しずつでも始めること。
動物も人間も幸せな世の中がいいなぁと思います。

Licht 吉田晃子さん

Licht (リヒト)
open12:00 – 19:00
定休日/毎週火曜日
盛岡市菜園一丁目6-18パナハイツ菜園A棟101号
HP licht.clothing
Instagram @licht_morioka

cat!cat!cat! 猫についてのお話5

cat!cat!cat!2020の会場にはそれぞれ、「猫についてのお話」を展示しておりました。これらは、参加して下さいました店主さまや展示作家さま、みなさまのそれぞれのエピソード。そっと置かせていただいていましたので、読まずに会場を後にされた方も多いと思います。そして遠方のみなさまにもぜひ読んで頂けたらとも。想いの込もった文章。アーカイブとしてひとつずつご紹介させて頂きたいと思います。

我が家の姫と栗は去年の9月で16歳になりました。
2003年9月、知り合いが犬の散歩中に生まれて間もないであろう3匹の捨て猫を見つけ、そのうちの2匹を12月に引き取ったのが姫と栗。人生初の猫との暮らしが始まりました。

以前は猫は家と外を自由に出入りするのが当たり前なのかなと思っていたけれど、いざ一
緒に暮らしてみると、そんなことは考えられない。集合住宅で暮らしているので、よその
家に迷惑をかけたら困るというのもあるけれど、もしもほかの猫と喧嘩でもしてケガをし
たらとか、もしも事故にあったらとか、もしも虐待されたらとか、もしも帰ってこなかっ
たらと思うと、とてもではないけれど耐えられません。だから、考え方はいろいろあると思うけれど、私は猫を飼うなら「完全室内飼い」がいいと思っています。

姫と栗には、これからもぬくぬくと、穏やかに長生きしてほしいと切に願います。

日本動物愛護協会のテレビCMを見たことはありますか?
さだまさしさんの『にゃんぱく宣言』。
あれ、いいCMを作ってくれたなと思います。
気になる方はぜひ検索してみてください。

にゃんぱく宣言

shop+space ひめくり 菊池美帆さん

shop+spaceひめくり
open10:30 – 18:30
定休日/木曜+第1・第3水曜
盛岡市紺屋町4-8
電話019-681-7475 
HP http://himekuri-morioka.com/
Instagram @himekurimorioka

cat!cat!cat! 猫についてのお話 4

cat!cat!cat!2020の会場にはそれぞれ、「猫についてのお話」を展示しておりました。これらは、参加して下さいました店主さまや展示作家さま、みなさまのそれぞれのエピソード。そっと置かせていただいていましたので、読まずに会場を後にされた方も多いと思います。そして遠方のみなさまにもぜひ読んで頂けたらとも。想いの込もった文章。アーカイブとしてひとつずつご紹介させて頂きたいと思います。

「初めてなら、2匹飼いをおすすめするよ」
「ペットショップに行くより里親になる、という選択もあるよ」
猫と暮らしたいと思い始めた頃、友人にそう言われて周りを見渡すと、あちらもこちらも確かに2匹(または3匹)ずつ。しかも保護したり里親になったり、という出会い方。「里親になる」という選択はこの時に初めて意識したこと。

日ごろ楽しく拝見していたある画家のwebサイトがあって、そのブログでは動物管理センターから預かった子猫や、ご自分で保護した猫の里親募集の記事をよく目にした。かわいいな、くらいに思っていたのが「縁があったら里親になろう」という気持ちで見るようになった。ほどなくして里親募集の記事があがり、毎日チェックする姉妹猫があらわれた。思い切って「里親になりたいのですが」と申し込み、お見合いをして、その姉妹猫が我が家にやって来たのは2012年。

終生飼育をすること。むやみな繁殖はしないで適切な時期が来たら不妊手術をすること。交通事故や感染症、ご近所とのトラブルに遭わないためにも完全室内飼育をすること。脱走を防ぐこと。適切な混合ワクチンを摂取すること。健康維持に努めること。飼い主のいない猫への餌やりと不妊手術の活動のことを知ること。

そんなお話を聞きながら、読みながら、2匹分のキャリーを用意したり、家の中を点検したり、動物病院を調べたり。幸い、猫と暮らすことについてのいろいろを話してくれる友人知人が周りにいたから助かったこともたくさんある。一緒に暮らす前に様々な猫に触れたり、猫たちと暮らしている部屋に身を置いて眺めたり考えてり観察したりする機会はとても楽しくありがたいことだった。

猫たちと暮らしてもうすぐ8年。その間に室内飼いの大事さ、犬や猫と私たち人とが幸せな暮らしのために何か出来る事があるのかを考えること、知ること、が少しだけど、ほんとうに少しだけど身近なことになった。

2月はねこの月。いつからかそんなふうにあちらこちらで猫にまつわることで楽しいことが増えて来た。cartaでその画家、樋口さんの個展をさせていただけるのも、殺処分のことや野良猫の不妊手術をする活動のことを知ったのも猫との出会いのおかげ。楽しくお買い物をしながら、お茶を飲みながら、犬や猫と人とが幸せに暮らしていくことについて考えたり、フリーペーパーにお目通しいただける時間を過ごしていただけたら。

喫茶carta 加賀谷 奈穂美

喫茶 carta 
手紙という名の小さな喫茶店
open11:00 – 19:00(L.O. 18:30)
定休日/毎週水曜日と第2、4火曜日
盛岡市内丸16-16電話 019-651-5375
HP kissa-carta.com
Instagram @kissa_carta

cat!cat!cat! 猫ついてのお話 3

cat!cat!cat!2020の会場にはそれぞれ、「猫についてのお話」を展示しておりました。これらは、参加して下さいました店主さまや展示作家さま、みなさまのそれぞれのエピソード。そっと置かせていただいていましたので、読まずに会場を後にされた方も多いと思います。そして遠方のみなさまにもぜひ読んで頂けたらとも。想いの込もった文章。アーカイブとしてひとつずつご紹介させて頂きたいと思います。

「猫と猫の境界線」 

 4年ほど前、青森の実家の庭にやってくる野良の雄猫と出会った。

 猫の気配を感じて、試しに窓から見える場所に置き餌をしてみたが、いつも餌だけが忽然と消えた。なかなかその姿を確認できなかったので、本当に猫なのかどうか疑ったほどだ。まだ姿を見たこともないその猫らしき生きものに、私は「シノビ」という名前をつけた。もちろん由来は忍者の「忍び」だ。

 今となっては、いたずらに置き餌をしたことも、このふざけたネーミングも、私の後先を考えない浅はかな行為だったと反省している。ようやく姿を見せるようになってからも、シノビは人との距離を断固として保ち、決して近寄らせなかった。私がシノビの引いた境界線をうっかり越えようものなら激しく威嚇した。

 このシノビの用心深さは、彼がそれまでの野良生活で否が応にも養われたものであり、またそうでなければとっくに命を落としていたということの証のように思えた。シノビは生き抜くために、忍ばねはならなかった猫だった。

 一方、我が家の姉妹猫・煤と墨の出自は、野良の母のお腹に宿った小さな命であったが、たまたま愛護団体に保護されたというだけで、引き継ぐはずだった野良何代目かの猫生を辛くも回避し、生後二ヶ月で我が家にやってきた。生まれてから一度も飢えや寒さを知らず、毎日家の中の一等地で昼寝して、起きたい時間に起き、朝と晩には自動的に飯が出てくる生活を送っている。硬いコンクリートや冷たい雪の上を歩くこともないから、その肉球はぷっくりとしていて柔らかだ。

 たまたま北国の野良に生まれただけのシノビと、二匹との違いは何だろう。いや、違いなどあるはずもない。皆「猫」には変わりはないはずなのに、とりまく環境は何もかも違う。野良の平均寿命が短いことを思えば、それがどれだけ過酷であるかは想像がつく。実家に滞在してシノビと接するうちに、私は「外の猫は自由で幸せ」で「室内飼いはかわいそう」などとは思えなくなった。

 好きで過酷な世界に生まれた猫などいない。

 人馴れが厳しいと思われたシノビは、その経緯は大分端折るが、三ヶ月の人馴れ訓練を経て、今、里親さんの元で暮らしている。まるで生まれた時から家猫だったかのような有り様で、野良時代は絶対に見せることのなかったお腹のポケット(の様に見える丸いブチ)を堂々と見せつけ、だらしなく家の中の一等地で昼寝する。カサブタで覆われていた肉球は、ぷっくりと柔らかく、本来の淡いピンク色を取り戻した。そんな姿を見れば尚更思う。シノビだって好きで過酷な世界に生まれた訳ではなかったんだ、と。

 けれど「外の猫は自由で幸せ」で「室内飼いはかわいそう」という猫と猫の間に引かれた見えない境界線は、かつてシノビが人との間に引いたそれよりもはるかに強固に、我々人の側に存在していると感じている。それが猫の可能性の芽が摘んでいく。

 どんな猫でも家猫になる才能がある。そしてどんな猫にもその猫生を全うして欲しい。できたら雨風に脅かされたり、食うに困ることのない場所で、その最期を見守ってくれる人の元で。

坂本千明さん
版画家、イラストレーター
HP https://sakamoto5.exblog.jp
Instagram @chiakisakamoto

展示会場 DAMO KAFFEE HAUS
自家焙煎珈琲と立ち飲みのお店
open12:00 – 19:30(L.O. – 19:00)
定休日/毎週水曜日
仙台市青葉区本町2-10-5 1F
電話 022-397-6603
HP damo.lomo.jp

cat!cat!cat! 猫についてのお話 2

cat!cat!cat!2020の会場にはそれぞれ、「猫についてのお話」を展示しておりました。これらは、参加して下さいました店主さまや展示作家さま、みなさまのそれぞれのエピソード。そっと置かせていただいていましたので、読まずに会場を後にされた方も多いと思います。そして遠方のみなさまにもぜひ読んで頂けたらとも。想いの込もった文章。アーカイブとしてひとつずつご紹介させて頂きたいと思います。

猫の保護

猫を保護するきっかけになったのは、震災の年の夏に庭に迷い込んできた白い猫でした。
わが家には半年ほど前に里親になったばかりの虎猫がいましたが、多頭飼いするつもりはなく
まして自分たちが野良猫を保護するなんて考えたこともありませんでした。

白い猫は体格が良く、長毛で飼い猫のように見えましたが、毛は薄汚れていて、お腹を空かせて、さらに脚を怪我していました。日に日に足先が腫れ上がり、歩くのも不自由そうな姿を見てこのままにしておくのも可哀そうだと病院で治療を受け、次の通院日までのつもりで庭先に寝床を用意しました。ところが数日庭先で暮らす間にすっかり私たちに慣れてしまい、自分から家に入って来てしまいました。これが私たちが最初に保護したシロタロウです。

シロタロウはその後腎臓を患い、闘病の後2016年に亡くなってしまったのですが、あのまま野良猫で生きるよりは幸せな猫生だったのではないかと思います。

シロタロウをきっかけに、私たちは庭にやってきた野良猫を昨年までに9匹保護しました。そのほとんどは子猫で、幸いにもそれぞれご縁に恵まれ里親さん宅で幸せに暮らしていますが一昨年に保護した母猫と雄猫1匹は野良猫気質が強く、避妊手術の後リリースし、地域猫として生きています。

9年間で9匹の保護は決して多い数ではありませんが、近所の野良猫は確実に減ってきているように思います。私たちは仕事を持っていますので、保護活動に多くの時間を割くことは出来ません。出来る時に出来るだけのことしか出来ませんが、それでも良い結果に結びついてくれたら何よりです。野良猫が減ることで猫が好きな人も嫌いな人も心配な気持ちが軽くなることは間違いありません。

galerie arbre わきさかみゆきさん

https://shoparbre.com
Instagram @galerie_arbre

galerie arbre
手作りの器と手仕事の雑貨のお店
open11:00 – 18:00(1~3月冬季営業時間)
定休日/毎週火曜日
仙台市青葉区一番町1丁目 11-27
電話 022-221-7117

cat!cat!cat! 猫についてのお話 1 

cat!cat!cat!2020の会場にはそれぞれ、「猫についてのお話」を展示しておりました。これらは、参加して下さいました店主さまや展示作家さま、みなさまのそれぞれのエピソード。そっと置かせていただいていましたので、読まずに会場を後にされた方も多いと思います。そして遠方のみなさまにもぜひ読んで頂けたらとも。想いの込もった文章。アーカイブとしてひとつずつご紹介させて頂きたいと思います。

お金では買えなかったもの

子供の頃、ペットショップのケージに入って売られている可愛い仔猫達をみて、いじらしく可哀想だと思っていました。買われなかった子達はどうなるんだろう、捨てられてしまうのか、などと考えて、ペットショップで泣きそうになりました。

その頃の夢は獣医になって、お金持ちになって、広い家に住んで、ペットショップの動物を沢山買って、皆で幸せに暮らす事。浅はかな子供心で辿り着いた解決策です。ペットショップにいる動物を買う事が、とても良い事に思えていました。

大人になって実家を出て、初めて、働いたお金で猫を2匹買いました。都会ではそれ以外の選択肢は無いとも思っていました。都会での生活が田舎暮らしよりも長くなる頃、意外にも街中に野良猫が多い事に気づき、そして保護猫、里親になると言う選択肢を知りました。何かできる事はないかと考える様にもなりました。

自宅の愛猫達は人見知りで、やきもち焼きです。その子達の事を考えると、これ以上は自宅では飼えません。ですが私には営んでいる喫茶店があり、私は1日の半分をそこで過ごしています。何が猫にとっての幸せかは分からないけど、環境としては猫を飼えるチャンスがあると気づきました。そんな時、保護猫の里親になるご縁を頂いたのです。

猫を店舗で飼う事は、今の日本の文化からすると、非常識かもしれませんし、運営的な困難との戦いでもあります。正直、お客様よりも猫ファーストで運営している為、お客様層も限られてきます。それでも、猫を優先しています。それが、私が選択した猫との付き合い方だからです。

私に出来る猫愛の実践方法は、まだ試行錯誤の過渡期です。これからもこの子達と、理解してくれる方々と一緒に、猫達が幸せに暮らせる「家」を作って行きたいと思っています。

一概には問えないペットショップの存在の是非。ペットショップで買った猫と、保護猫との暮らしは、私に様々な事を教えてくれます。私に必要だったのは、まずは知る事。そして、大切なのは考える事でした。

迷いながらも確信して言える一つの事。愛猫達は、お金では買えなかった沢山のものをもたらしてくれています。それは何ものにも変えられない、幸福な生活です。

botanicalitem&café CYAN 阿住未姫さん
https://cafecyan.jimdofree.com
Instagram@cafécyan

Botanicalitem&café CYAN
個性的な植物と旅先のような雰囲気に包まれた、カフェ&ギャラリー
open11:00 – 20:00(L.O. 19:00)
定休日/毎週木曜日
仙台市青葉区一番町一丁目 6-22 シャンボール 一番町1階
電話 022-302-6881